第29回定期演奏会、終了いたしました! + 東京都アンサンブルコンテストのご報告。

第29回定期演奏会、無事終了いたしました!

当日は1037人ものお客様にご来場いただきました。
誠にありがとうございました。

次回、第30回定期演奏会は以下の通りに開催いたします。
詳細はまたお知らせいたしますが、どうかご承知おきください。


吹奏集団「風の和」第30回記念定期演奏会

日時:2019年1月14日(月・)13:30会場/14:00開演(予定)
会場:新宿文化センター大ホール(※なかのZEROではありません!)
演目:バレエ音楽「火の鳥」1919年版(I.ストラヴィンスキー)
   「翡翠」(かわせみ)(J.マッキー) 

皆様にまたお会いできますことを、団員一同心よりお待ち申し上げております。



また、ご報告が遅くなりましたが、
先日行われました第41回東京都アンサンブルコンテストにおきまして、
当団クラリネット4重奏は 銀賞 を受賞いたしました。

演奏会の開演前にも披露させていただきました。
応援ありがとうございました。

【ご報告】第41回東京都職場・一般アンサンブルコンテストに出場しました

ご無沙汰しております。

11月19日に行われました東京都職場・一般アンサンブルコンテストに3チームが出場しましたので、結果をご報告いたします。


24. クラリネット4重奏
バードウォッチング(M.ヘンリー) 423点  金賞・代表

43. 木管3重奏
木管三重奏のための5つの小品より(J.イベール) 362点  銀賞

58. 金管5重奏
金管五重奏曲第1番より(V.エヴァルド) 358点 銅賞


クラリネット4重奏は2018年2月4日に府中の森芸術劇場どりーむホールにて行われます、第41回東京都アンサンブルコンテストに推薦していただきました。
(出演順1番:16:52〜16:58)

良い演奏ができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!!

吹奏集団「風の和」プロフィール





このたびは風の和ブログを見ていただきましてありがとうございます。
私どもは、吹奏集団「風の和」です。

1995年10月に結成し、現在は東京都中野区を拠点として活動している吹奏楽の一般団体です。年に1回、もしくは2回行われる定期演奏会を活動の中心としております。
練習は中野近辺でおもに毎週日曜に行なっております。

1997年6月に「結成記念演奏会」を開催しました。
その後メンバーを増やし同年12月には第1回定期演奏会を行い、以後今日までさまざまな会場で演奏会を開催しています。
また 津軽三味線 、エイサー 、二胡 、尺八 、シャンソンなどの奏者との共演や、アクロバットダンサー、阿波踊り、アイリッシュ・ミュージック・グループなどとの異色の共演を果たすなど、ジャンルを越えたステージにも挑戦してます。

このブログでは定期演奏会についてのお知らせをしてまいりたいと思っております。
団員一同精一杯演奏いたしますので、みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。



過去の演奏会情報


お問い合わせ

当団へのお問い合わせは下記メールアドレスにお願いいたします。
※お手数ですが、★を@に変更してください。
※お返事には数日かかることがあります。ご了承ください。


info★kazenowa.jp      吹奏集団「風の和」



  

指揮者、ゲスト紹介

【第29回定期演奏会】

・指揮者紹介







河原 忠之(かわはら ただゆき)

イタリアで、故アルド・プロッティ氏のもとオペラ伴奏ピアニストを務め数々の演奏会に出演。
2006年 江原啓之「スピリチュアル・ボイス・カウントダウン 」公演で指揮者デビュー。ペルゴレージ「オリンピーアデ」日本公演をはじめ、「リゴレット」「シモン・ボッカネグラ」「ラ・ボエーム」「ジャンニ・スキッキ」「コジ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「愛の妙薬」などのオペラや数々のコンサートを指揮。日本を代表する歌手や器楽奏者が、その共演者にこぞって指名する人気ピアニストでもあり、国内外の第一線で活躍中の「太メン」男声オペラ歌手4人とのユニットメンバーでもある。国立音楽大学卒業、同大学院修了。
国立音楽大学及び大学院准教授、新国立劇場オペラ研修所音楽主任講師。


・企画ステージ ゲスト紹介

匹田 大智 (津軽三味線)
1991年5月29日大分県大分市出身。民謡三味線の師範である祖母・母の影響を受け、9歳より津軽三味線を始める。2006年、津軽三味線福居流・福居慶大氏に師事。
2009年より、吉田兄弟の弟・吉田健一プロデュースの津軽三味線集団「疾風」のメンバーに加入し、プロとしての活動を開始する。
2012年、津軽三味線コンクール全国大会に初出場、一般の部優勝という快挙を果たす。
オリジナル楽曲をはじめ、他ジャンルの楽器・パフォーマーとのコラボレーションや、またアイドル楽曲、アニメ、男子新体操、時代劇等の劇伴作品への参加など、国内外を問わず、幅広く活動している。
現在は津軽三味線とサックのインストゥーメンタルユニット「ShameleoN」を結成。世界展開に向けて準備をしている。


【第28回定期演奏会】

・指揮者紹介








松田 房之(まつだ のぶゆき)

千葉大学教育学部音楽科卒業。東京学芸大学大学院音楽教育専攻指揮専修修了。上野学園大学研究科(指揮専門)修了。 これまでに高階正光、今村能、山本訓久、下野竜也、大河内雅彦、ダグラス・ボストックの各氏に師事。 2008年、シンガポール国際指揮マスタークラスにて第一位受賞。2009年ダグラス・ボストック東京指揮マスタークラスにてオーケストラ賞(1位)を獲得。2013年広島ウインドオーケストラと共演。2015年日本ウィンドアンサンブル指揮講習会においてオーケストラ賞(桃太郎賞)第一位を受賞し、アニュアルコンサートにて共演。 そのほか、多くのアマチュアオーケストラ、吹奏楽団、合唱団と共演を重ねている。また、小中高校を中心に吹奏楽部・オーケストラ部のコーチとしても活動。 現在、日本大学鶴ヶ丘高等学校非常勤講師・吹奏楽部音楽監督。東京シューレ葛飾中学校非常勤講師。









******

【ゲスト紹介】

第28回定期演奏会【ゲスト紹介】

束原 収  (ピアノ)

眞弓 創一 (カウンターテノール)
三重県鈴鹿市出身。15歳よりテノールとして声楽を 始め、日本クラシック音楽コンクール高校の部全国 大会最高 位を得るなど数々のコンクールで優勝。国 立音楽大学在学中にテノールからカウンターテノー ルに声種変更後、東京芸術大学別科声楽専修卒 業。カウンターテノールとしては、トスティ歌曲国際コン クールアジア予選大会2010で平城遷都1300年 記念賞。第21回みえ音楽コンクール一般の部第1 位、三重県知事賞。市川市文化振興財団第29回 新人演奏家コンクール優秀賞。ニッセイ名作シリーズ 2015オペラ「ヘンゼルとグレーテル」魔女役で日生 劇場にオペラデビュー。J.S.バッハ《ロ短調ミサ》《ヨ ハネ受難曲》モーツァルト《レクイエム》《証聖者の荘 厳な晩課》等のアルトソロを務める。坂井いづみ、出 口正子、福井敬、上杉清仁の各氏に師事。


******


第27回定期演奏会【ゲスト紹介】

SONORA(ソノラ)  
2015年に東京で結成され、都内のアイリッシュパブを中心に演奏活動を展開するアイリッシュミュージックグループ。アイルランドの酒場を彷彿とさせるダンスチューンの演奏は、本場の演奏家たちからの評価も非常に高い。
メンバーは 沼下麻莉香(フィドル)、小松優衣子(コンサーティーナ)、長濱武明(バウロン) 、深江健一(サポートギター)の4名。



******


第26回定期演奏会(20周年記念)【ゲスト紹介】